• ホーム
  • クラリチンの成分の効果と副作用

クラリチンの成分の効果と副作用

花粉の飛散やダニやホコリといったハウスダストが原因で、アレルギー症状を引き起こしてしまう方は少なくありません。
鼻水、鼻づまり、咳や肌のかゆみなど、人によってその症状も様々で、酷い場合は日常生活にも支障をきたしてしまいます。

そんなアレルギー症状が現れた時に処方される治療薬の一つにクラリチンがあります。
クラリチンの主成分であるロラタジンは他の治療薬に比べて眠気が起こりにくいため、仕事や学業、車の運転などにも支障が起こりにくく、処方される頻度の高い薬です。

クラリチンは第二世代抗ヒスタミン薬に分類されており、主にアレルギー症状を緩和する効果があります。
特に鼻炎症状に対する効果が高く、即効性もあるので、服用から30~1時間ほどで効果が現れてきます。
更に効果の持続性も高いので、1日1度の服用で済むのも嬉しい特徴と言えるでしょう。

クラリチンはアレルギー反応が現れる前から服用し続けておくことで、より症状を和らげることが出来ます。
毎年花粉症に悩まされているという場合は、飛散前から服用開始するように通販でクラリチンを購入することも可能となっています。
近年では仕事などの都合で病院に通院されるのが難しい方は、個人輸入サイトで医薬品を購入される方も多くなっているようなので、信頼性のある通販サイトから注文するようにしましょう。

クラリチンの副作用と服用時の注意点

クラリチンは比較的副作用の少ない薬ではありますが、全く起こらないという訳ではありません。
まれにだるさ、めまい、頭痛や動悸、口の渇きといった副作用が起こることもあります。
滅多に起こりませんがアナフィラキシーショックやてんかん、痙攣などを引き起こしてしまうこともあります。

腎臓や肝臓に疾患がある場合、クラリチンを服用することで血中濃度が上がり過ぎてしまうこともありますので注意が必要です。
持病や常用している薬がある場合や、長期的に服用を続ける場合には必ず医師に相談の上、処方してもらうようにしましょう。

クラリチンの服用をうっかり忘れてしまった場合、すぐに服用するようにしましょう。
2回分をまとめて一度に服用したり、自己判断で服用を途中でやめたりすることは厳禁です。
万が一、何らかの副作用が現れた場合は、すぐに医師か薬剤師に相談するようにしましょう。

ロラタジンの薬価は他の治療薬に比べて安い?

2002年から、クラリチンのジェネリック薬としてロラタジンが発売され始めました。
基本的な成分や、効果等は、クラリチンとそれほど違いはありません。
クラリチン同様、しっかりとアレルギー症状を緩和しつつも、眠気が起きにくい第二世代抗ヒスタミン薬の一つです。

ロラタジンには一般的な錠剤タイプ、口腔内崩壊錠タイプと、ドライシロップタイプがあります。
口腔内崩壊錠というのは水なしでも口に入れるだけで自然に溶けてくれるので、外出先で服用する機会がある方におすすめです。
ただし錠剤タイプと口腔内崩壊錠タイプは7歳未満のお子さんには服用することが出来ません。
ドライシロップタイプは7歳以下のお子さんでも量を調節することで服用することが可能です。

ロラタジンはジェネリック薬と言うだけあって、クラリチンに比べて薬価が安いという特徴があります。
同じ10mgの錠剤タイプの薬価を比較してみると、クラリチンは86.7円、ロラタジンは44.7円となっており、約半分の価格で取り扱われています。

薬価が安いとその分効果にも差があるのではないかと思われがちですが、先述の通り、殆ど違いはありません。
ジェネリックは決して質が悪い薬というわけではないのです。
先発薬の場合、開発や試薬などに莫大な費用がかかっているため、その分割高になっているのですが、ジェネリックの場合、生物学的同等性試験以外の試験を改めて行う必要がないため、安く抑えられるというわけです。

こういったジェネリック薬は、長期服用する際の医療費を出来るだけ抑えたいという方におすすめです。
とは言え、薬によっては先発薬とジェネリック薬では、飲みやすさなどの違いを感じるケースもありますので、まずは医師に相談し、よく比較した上で処方してもらうようにしましょう。

サイト内検索
人気記事一覧