• ホーム
  • タリオンの成分の効果と副作用

タリオンの成分の効果と副作用

タリオンの一般名はベポタスチンベジル酸塩で、これを主成分とする抗ヒスタミン薬です。
アレルギー体質の人がアレルゲンに暴露されると、アレルギー反応細胞からヒスタミンなどのアレルギー誘発物質が分泌されます。
アレルギー誘発物質が受容体と結合すると、様々なアレルギー症状が出ます。
抗ヒスタミン薬は、アレルギー反応細胞からヒスタミンが分泌されるのを抑えたり、ヒスタミンが受容体と結合するのを阻止して、アレルギーによる症状を抑えています。
花粉症やアレルギ―性鼻炎、蕁麻疹、皮膚炎等による皮膚のかゆみに効果があります。

タリオンは2000年から発売されている、比較的新しいタイプで、第二世代に属する抗ヒスタミン薬です。
第一世代と比べると眠気の副作用がいくらか緩和されています。

第一世代の抗ヒスタミン薬は脂溶性が高く、脳に移行しやすいため眠気も強く出たのですが、第二世代の抗ヒスタミン薬は脂溶性を押さえて低くしたので、その分だけ脳への移行がゆっくりとなり、眠気の副作用が軽減されました。
しかし、眠気の副作用が全くないというわけではありません。

ヒスタミンは覚醒に関与している物質です。
そのため、このヒスタミンをブロックすると、覚醒がブロックされて眠気が出ることがあります。
抗ヒスタミン薬を飲むと眠くなると言う人が多いのは、このためです。

副作用の発生率は2~9%くらいだと報告されています。
眠気以外の副作用には口が渇く、吐き気、胃痛、下痢、だるさなどがあげられています。
また、血液検査で肝機能の状態を示すALT やASTが上昇することがあります。

長期に連用する場合は、定期的に診察や検査を受けることが大切です。
また、他の医療機関で診察を受ける場合は、タリオンを服用中であることを必ず担当医に知らせましょう。