• ホーム
  • 知ってた?世界にある信じられない様々なアレルギー

知ってた?世界にある信じられない様々なアレルギー

緑のカプセル

アレルギーは本来は無害なものに対して有害なものと身体が判断しそのものに攻撃して結果身体にダメージを与えることを言います。
世界にはさまざまなアレルギーが存在し、中には珍しい奇妙なアレルギーがあります。

お金アレルギー

まず、お金アレルギーがあります。
これは、ニッケルといった硬貨に含まれている物質に身体が反応し、例えば触れた場合に触れた部分が赤くなりかゆくなってしまいます。
金属アレルギーと同系統です。
最近は電子マネーやクレジットカード払いといった硬貨を必要としない支払いが増えているので、お金アレルギーの方にとっては助かる上、良い傾向と言えます。

水アレルギー

次に、水アレルギーがあります。
これは2種類があり水以外の飲食物を拒絶するアレルギーと、字の通り水に触れたり飲んだりすると反応するアレルギーです。
前者の水以外の飲食物拒絶については、水しか飲めずそれ以外の栄養素はチューブで得ています。

後者については、水そのものに物理的な刺激を受けることで、皮膚に異常を来してしまいます。
そのため、汗をかくことはもちろん、涙が頬につたったり、雨に濡れることさえ避けなければなりません。
そのため、水アレルギーの方が運動するにはエアコンの効いた部屋で汗をかかないようにする必要があります。

ゴキブリアレルギー

ゴキブリアレルギーはゴキブリの糞や死骸の粉末を体内に取り込むことによって、くしゃみや鼻水といった症状が出てしまいます。
無意識に吸い込んでしまい発症してしまいます。
特定の建物に入ると諸症状が出てしまい、そこにはゴキブリが潜んでいる場合は、ゴキブリアレルギーの疑いを入れると良いと考えられます。

振動アレルギー

金属や水の他に振動もアレルギーの原因になり得ます。
遺伝子の突然変異から、振動が身体への攻撃として受け止められます。
その結果、皮膚のかゆみや頭痛などのアレルギーを発症してしまいます。
そして、振動には電車やバスの揺れの他に自身の拍手までも含まれます。

太陽アレルギー

外に出ると浴びる太陽でさえも反応する人がいます。
太陽アレルギーは紫外線などから活性酸素が増えることによって身体が異常とみなして攻撃し皮膚のかゆみなどの症状が出てしまいます。

中でも珍しく、まだ名前もないアレルギー

名前のあるアレルギーだけではなく、さらに名前もない珍しいアレルギーがあります。
例えば、生ものや紙アレルギーがありますが、生ものや紙に対して反応したりしてしまいます。
さらに、青いものに反応するアレルギーもあります。
青いものについては、青い染料の服や布に触れるだけで、身体が攻撃し反応していまいます。

物理的なものによるアレルギーがありますが、抽象的で心理的な奇妙なのがあります。
それは、愛アレルギーです。
誰かを好きになったりして愛の感情が高まることで目が腫れると言った症状が出てしまいます。
症状が出た人は、愛の試練と考えて立ち向かいました。

そして、目の周囲に塗るための保湿ジェルを着けたら、症状が大幅に改善し、その人にとってアレルギーを抑えるものだった模様です。
さらに、結婚してからは永遠の愛を誓い合ったため、安心感が得られリラックスするようになり、症状の改善が進むようになりました。

愛アレルギーと書いていますが、正式な名前がなく、特に珍しいとされています。
なぜなら、通常精神的な作用によるアレルギーは、マイナスなものによって引き起こされるのに対して、愛については通常プラスのものと考えられている以上、通常考えられているパターンから反するからです。

最近のIT化によって影響が出るものとして、コンピューターアレルギーがあります。
これはコンピューターのあるところにいると、くしゃみなどの症状が出ます。
電磁波によるものなのか、ホコリによるものか、精神的なものか定かではないため、正式な名前がありません。
さらに、コンピューターでよく苦戦したり失敗することで、毛嫌いする人が引き起こす精神的なもの、ストレスから来ていることがあるため、アレルギーとの断定は難しいです。